学ぶ・知る・E型肝炎




E型肝炎診断方法



血清学的検査では、IgM抗体、IgA抗体の検出によって診断します(まれに擬陽性や擬陰性がみられます)。
確実な診断法としては、核酸増幅検査(NAT、RT-PCR)によるHEV RNAの検出があげられます。



学ぶ・知る・E型肝炎